自在能力開発研究所HOME > 聡生館 武蔵村山校HOME

聡生館武藏村山校では、市内及び周辺に在住する小〜高までの生徒さん一人、一人の学力を私自身の体験とこれまでに培ったノウハウを基に従来よりも確実に伸ばし、その結果、一人でも多くの優秀な生徒さんが聡生館より育ってほしいと願っています。但し、学力だけが人間全てを測る物差しではなく「人間力」を含めて、どれだけ真摯に勉強と向かい合っているのか、その姿勢が最も大切であることを決して忘れないでほしいと思います。特に、勉強が苦手な生徒さんにとって少しでも学力を上げようと努力をすることに大きな意味があります。


 

2017年 武蔵村山校春期講習は全7日間、無料招待いたします。





                                                                                           



 

 

中学生の学習風景(3つの動画参照)、映像配信授業時の様子/専任講師による1対1の指導も併用しています。

撮影した動画は聡生館武蔵村山校の授業風景の一部です。講義は@専任講師による個別対応の1対1の講義とA動画のようにパソコンを介した映像配信授業による講義があります。それら2つの講義の配分は通塾生の学寮に応じて専任講師側の判断で授業毎に異なります。また、映像配信授業の講義で理解できないところがあった場合は、その場で専任講師に質問をすることができます。また、専任講師側も受講の様子を見ながら随時、各生徒の理解の程度をチェックしていきます。講義の内容と課題レベルは生徒一人一人の学力に応じたものを専任講師が予め設定していますので、とても効率よく学習を進めることができます。また、映像配信授業では専用のテキストに解答は記入せず、ノートに記入して頂きます。そうすることで授業を繰り返し受けられるように工夫しています。

 

映像配信授業の進め方

@単元ことの大切な点をまとめた講義を聴く(講義を聴講する場合はイヤホンやヘッドホンを使用する。)

A例題や、練習問題を解かなければならない時には講義を一時停止させる。

Bノートに解き終わったならば講義を再生し、答え合わせと間違えた問題については解説講義をよく聴く

C設定された単元の学習終了の都度、その単元の理解の程度を訊いてくるので、パソコンン画面にでてくるチェック表で該当するところにチェックを入れて次の単元に進む。また、数単元毎に小テストも用意されているのでそれを受けながら進めていく。 理解の程度や小テストの結果は全て専任講師側のパソコンにそのデータが送られてくるので、専任講師にとっては各生徒の理解度を的確に把握しながら進めていくことができる。 理解が十分でなかったところは、次回の授業で繰り返すことで定着を図り、また、定期試験対策時にも繰り返し学習してもらうことで効果的な試験対策ができる。



ブロードバンド予備校での受講をご希望の生徒さんは上記の案内を参照してください。尚、詳細は直接、教室までお問合せください。

無料体験受講は随時お受けしています。先ずは、お電話でお申し込みを !!

無料体験受講は随時お受けしています。先ずは、お電話でお申し込みを !!

聡生館 CONTENTS

  • images
  • 募集コース一覧

    小中高〜大学生、社会人までさまざまなコースがございます。
  • images
  • 実績について

    近年の受験生の進学実績です。
  • images
  • 聡生館Q&A

    聡生館についてのよくある質問をまとめてみました。
  • 今月の教材おすすめ書籍